せぶんずへぶん

スーパーセブンとか、アップルとか、ゲームとか

やっぱり効果ない

エンジンオイルを抜いて適量付近にしたものの、ブローバイガスは治らなかった。

 

次の手として、オイルを交換してみようと思う。

初心に戻って、ワコーズのスーパーフォアビークルシナジーとエンジンパワーシールドの2種類を入れる。

 

それとオイルキャッチタンクを作り直す予定。

今のオイルキャッチタンク(仮)は、1Lのプラ製の容器で作っている。

f:id:tagami-super7:20211007164023j:image

今付けているのものはブローバイガスの熱と圧力で蓋のネジがダメになってねじ込んでも密閉できなくなっている。

これはプラ製で絶対的に強度不足もあるが、蓋にガスの取り込みと排出の口の位置決めを失敗して

口が容器本体の開口部の補強のリブと干渉して蓋が締められなくなったのでリブを削りとったためネジ込み口自体の強度が落ちたのかも知れない。

 

なので今回はリブに干渉しないように配置してみよう思う。

 

オイルキャッチタンクの理想としては、金属製で容量がエンジンの排気量より多い2Lぐらいならガスの排出の勢いがもっとマイルドにならないかと思う。

 

オーバーホールするのが一番いいのだけどいかんせん先立つものがない。とほほ。